レコーディング#4

diog2005-03-28

ロッキン?!
ソフトロッキン!!
タッキーあたりにCMで歌わせたいって云ったのは誰?
高速転調ポップスに、新たなる刺客!

えー、本日で「ルール / 口どけのルール」、
ほぼレコーディング完了しました。

ドラムはあくまでヤング!突っ走るのみ!
ベースはソフトロックファンにはわかる、ピッキング音高め弾き。
ギターと歌は、あくまでも素!

そんな感じにこだわりつつ、
十階邸にて編集とキーボード(トランペットとかね)入れ。

98%、完成。

ちょっとね、エレキギターの音が小さいのと、
アコギがデカかったかなってのが気になってるけど。

音源、聴く?

http://sound.jp/diog/sound.html

レコーディング#3

diog2005-03-24

聴く?
http://sound.jp/diog/sound.html

本日はヘルプのドラマー、
DISCO DISCO / SATORU ONO バックバンドのオガタくんを迎え、
生ドラムの録り。

やっぱ生のドラムが入ると全然違う。曲が生きますね。

自分は今日はマレット持ってティンパニー風効果音入れたり、
タンバリン叩いたり。

音、悪くてゴメンね。
もう少しで、ちゃんとしたの聴けますので。
サビはその時まで内緒ね。

後は来週キーボード入れてこの曲に関しては終了。

相変わらずヘロヘロだけど、予想以上にイイ曲に仕上る手応え!
しかし若い曲だな・・・。
90年代初頭感、溢れまくってますね。

いつもの渋谷のスタジオで

diog2005-03-16

またまたレコーディング。

十階、ベース持ってるけど、録ってません!

本日は打ち込み、アコギ、ギター、歌を録音。
しかしギターにミスタッチ発見。
録りなおしだなぁ。

本日分、聴く?
先週よりは長めです。
http://sound.jp/diog/sound.html

下北沢リボルバー

diog2005-03-13

仕事後、十階と待ち合わせ。

十階がサポートもしているSECOND ROYALのアーチスト、
SATORU ONOくんが上京してるとの事で、紹介してもらおうと。

レッド・クレイヨラとテニスコーツのライブが11日にあったのだが、
ONOくんはテニスコーツのサポートで上京してたとの事。

ならばイベント『Widescreen』が最終回だから、
場所はリボルバーで落ち合おう、と決定。

このイベント、そう云えば以前Fに連れてってもらったっけ。
んでMに初めて会ったんだよな。

ONOくん、NEDSのような出で立ち、の第一印象。
実は音楽あんま聴かない、と云う共通点。
しかし仕事後のため、下北いたのは小1時間程度。
話も盛り上がって来たところで退散・・・。

来月ツアーでまた上京するし、これからちょくちょくお世話になる人である事は確か。
一緒に色々引っかきまわせたらと思う。



歌詞

で、出来た・・・。

昨日スタジオから帰ってずーっと没頭。

途中、ちゃんと寝たけどね。

相変わらず意味なし。

意味ないから、深読み不可。

要手直し箇所アリなんで、暫定版。

しかしタイトル思いつかん・・・。

                                                                            • -

昨日までの雨のように 一人つぶやく

油断の甲斐もなく 悟り過ぎてく

緩やかに描く想い きっと振り返らずに

そっと掴む



例えば君がそう 解り出す時

今一度謎明かそう 話し出す時

繰り返す何故の終わり いつか吹いてくような

風が騒ぐ



いつでも最後に 切りつける 目覚めの瞬間

君は不意に笑うかも

さあこれで幾つの エピローグ ケリをつけた

意味だけ知って そういう事かも

言葉だけが 続く

照りつけた 青く



そうだねと頷く 深呼吸 訳もなくて

知るはずもなく 手をかざす

だから口の中で 溶け出した そんなルールも

全て飲み込んでいいのさ

言葉だけが 続く

そういつか 君は


開始。